理事長挨拶

社会福祉法人彩会(いろどりかい)は、松戸市馬橋(昭和51年)から始まり柏市(平成8年)に拡がり、それぞれの「特徴」を生かしながら充実を図ってまいりました。

平成14年4月に松戸市と柏市の仲間たちで法人格所得。

今まで障がいをもった方(家族の方々)との付き合いを通して、様々な「思い」に触れるたびに、暮らしにくい地域、福祉制度の不十分さを通感してまいりました。 例えば、「閉じこもりがちな生活」「家族の負担が大きい」「社会参加が難しい」「地域の方々の理解がない」等、制度・サービス・地域理解が不十分な現状が視えてきました。 こうした現状を少しずつ変革しようと無認可の段階から、当事者主体で個々の生活スタイルを尊重し、住みやすい地域づくりを基本的な考えとして取り組んでまいりました。 法人格を取得後支援として、日中の生活場として「喜楽家」「ザザビー・ドゥ」(生活介護)、外出や自宅での支援として「れいじ~」「居宅支援喜楽家」(ヘルパー派遣)、暮らし(夜間)の場として「ぽちぽちいこか」「fana」「ホームきらく」(グループホーム)、さらに様々な相談の窓口として「相談支援センターいろどり」(指定特定相談支援事業所)等を具体化してまいりました。

平成24年には、10周年を記念して多くの方々のご協力を得て、記念パーティ、合同旅行、記念誌の発行を実施し、新たなスタートをきりました。 法人としての社会的な責任を強く感じながら、今後も障がいのある方(家族の方々)と真摯に向き合い「必要な支援」を模索していきたいと考えております。 昨今、制度もめまぐるしく変わってきています。 私達は、制度に振り回されることなく、障がいを持った方(家族の方々)のニーズに添った「より良い」「使い勝手の良い」支援を創造していく所存です。 これら実現の為には、地域の皆様や各市の関係機関、福祉団体や福祉関係者との連携を深めながらご指導を仰ぎたいと考えております。 今後とも今まで同様、ご理解ご支援をよろしくお願い致します。